FC2ブログ
小林雄一

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何か1つだけいい面を伸ばしてあげれば性格も変わるかも?
私が小学生の頃は声が小さく無口であった。おそらく、小学校の担任が「気になる子」ととらえたかも知れない。
中学生の頃は授業中でも学習意欲もなく、全く無気力な子供であった。たぶん、中学校の担任が「気になる子」と思ったかも知れない。
「あんな子供じゃ?大人になったら困るだろう!」
と、担任の先生は感じたと思う。
現在の私と私が子供の頃とはだいぶ性格が違っている。
なぜだかわからないけど、何かに夢中になって何かを達成するたびに性格も変化したのであろう。
良くはわからないけど、『あんな子供?』でも親が何か1つ良い所を見つけてあげればたくましい大人になるかも・・・。
おそらく、耳が聞こえない、とか、目が見えない、とか、ダウン症、とか、そのような子供でも何とかなるかも・・・。
脳は幾つになっても変化するそうだから。
スポンサーサイト

音楽がわからない人たち!
○○○クリニックのディケアで会った早稲田大学を卒業している年配の人が、
「テレビで裸で歌ってるよ!」
と言っていた。
その人は演歌しかわからない人だった。
裸で歌っている?あの人たちは歌手に合わせてデザイナーがそうしたもの。その歌と歌手を売り込むための衣装に過ぎない。
この人は歌手の年齢や外見で判断して、肝心の歌を聞こうとしないのだ。
何を考えているのかね?

○○○クリニックのディケアで会った人はカラオケの時間になると演歌ばかり歌っていた。演歌以外はわからない人だった。
同じ曲調を死ぬまで歌うのか?他の曲調はわかんないの?

○○○警備会社に或る男が、
「最近の音楽は同じように聴こえる!」
と言っていた。
若い頃に聴いた曲でないとわからないのか?どの曲も違うようにしか聴こえないじゃないか?
どう言う頭してるのかね?

父は演歌歌手が歌うと、
「歌がうまいな?」
と言い、ポップスやロックを歌っている歌手が歌うと、
「歌が下手だな?」
と言っていた。
「どう言う頭してるのかな?」
と不思議でいた。

警備会社の○○○会社
警備会社の○○○会社の幹部は私の理論を知っていて、しかも将来ノーベル賞が受賞できることも知っていた。それでも大卒初任給よりも安い給料を出していた。
電車代、食事代なども全て自己負担だった。
夫婦2人では到底、生活ができないし、私1人でも生活が困難だった。
そこで、警備会社の○○○会社に申し出の手紙を出した。
或る日、大手の清水建設の或る現場に警備会社の○○○と云う警備会社の○○○会社の幹部が現れ、私に、
「手紙でないと云えないのか?」
と1事だけ云った。
それから、何日か経ってから、私は三菱UFJ銀行へ行って警備会社の○○○会社から振り込まれた金額を見た。
1日も飲まず食わずで働かなければやっていけない。
と思い、その日から仕事に行くのを辞めるしかなかった。
それ以降、生活が困窮状態だった。
まー、日本はそんなもんか!
と、
まだ、生活保護の方が生活できるだけましだった。(*最後に警備会社の○○○会社から私の銀行通帳に振り込まれた給料は13万円だった。)
けど、生活保護よりも人に役に立つ仕事をしたいのだが、これは私には無理見たい。

パソコンの展望
私が高校時代はオイルショックの影響で工学部の求人がどの会社も0だった。
しかし、この頃にはトランジスターから小さなチップに何万個のトランジスターが入れられるようになった。
私は、
「これは将来、何かが起きる!」
と思い、最も工学部が不人気の時代にそれの学部を専攻した。
すると、大学を卒業すると、秋葉原でも片隅しか置いていなかったが、
『パソコン』
と言う物があった。
当時は処理速度も遅いのでインターネットができるような代物でなかったし、鮮明な写真も無理であった。おまけに値段も高かった。
私はそれにすぐに飛び込んだ。
そこから生まれたのが、光の屈折の公式、音楽、一次連立方程式の別の解き方、このブログなどだ。
パソコンは『WINDOWS 98』以来、基本的な部分はハードやソフト(OS)は何一つ、変化がない。
ただ、その延長線上で開発されているだけだ。
だから、今のパソコンは10年間は基本的な部分に変化がないのだ。
と言う事は、仮に技術革新が起きれば、パソコンの姿が大きく変化する可能性がある。
そうなると、そこに1代で新会社を興せる可能性がある。
それを手にできるとしたら、やはり工学部を専攻すべきが得策となる。
今、工学部が不人気だからと考えないで、先を見る目が重要となる。

若きフィリピン女性の悲しみ
フィリピンは貧乏です。
普段から仕事がなく、例え仕事を見つけてもその稼ぎでは家族を養うことができません。
そこで、フィリピンから近くて経済大国となると日本しかありません。
フィリピンの家族で容姿の良い若き女性が日本へ働きに来るのです。
そして自分の家族のために1日も休みをとらないで働いて送金しているのです。
フィリピン女性は小さな夢を抱いて日本に来日しますが、その多くは夢が破れてフィリピンへ帰国します。
フィリピン女性の日本での生活は狭い部屋に大勢で住み、生活ぶりはけして恵まれていません。
日本人は、
「フィリピン女性は悪い人!」
と言うが、これは誤解です。
そもそもの原因はフィリピンが貧困状態にあるためです。
これを日本人が知れば、フィリピン女性に対して同情の気持ちが芽生えるだろう。
Copyright © 小林雄一. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。